エバールーフやまなみ2型
断面形状
間接固定法(サドル工法)
特徴  ・既存フックボルト間隔が、ばらついた面でも施工可能
  ・凹凸のある屋根面の影響を受けない
用途  ・食品・精密関連を含む工場・倉庫

間接固定法(スライドイン工法)
特徴  ・サドル工法が使用できない場合でも施工可能
  ・既存フックボルト間隔が、ばらついた面でも施工可能
  ・凹凸のある屋根面の影響を受けない
用途  ・食品・精密関連を含む工場・倉庫

直接固定法
特徴  ・既存大波スレートを撤去しない
  ・既存大波スレートになじみが良い多面折形状
  ・ドリルビスにより簡単・確実な施工
留意点  ・ビス貫通時に発生する粉塵対策として、
  室内立入禁止・アベスト安全対策・室内清掃が必要です

標準仕様
工法間接固定工法直接固定工法
裏貼材
(ポリエチレンフォーム t=4mm)
板厚0.5mm・0.6mm0.4mm・0.5mm・0.6mm
板幅914mm
働き幅650mm
標準勾配3/10以上

下部のPDFアイコンよりエバールーフやまなみ2型のカタログをダウンロードできます
アイコンを右クリック→対象をファイルに保存→保存場所を決定して保存
エバールーフやまなみ2型(カタログ)PDFファイル(5.19MB)
上記にあるカタログをご覧になるには、Adobe Readerが必要になります。
インストールされていない方は、トップページの下部にある
アイコンからプラグインをダウンロードして下さい。

このページで使用されている画像やPDFファイルは、 日鉄鋼板株式会社の許諾を得て使用しています。
配布や再掲載は禁止されています。